乳液オンパレードで学ぶ

乳液オンパレード

乳液の大切な役割を正しく学ぼう

洗顔した後に化粧水はたっぷり使用しても乳液を使用していない人は少なくないでしょう。それはベタついたり、脂性肌だから必要がないと言った間違ったイメージを持っている人が多いからです。もちろん保湿効果もありますが、たっぷりつけた化粧水をお肌に閉じ込めて逃げないように蓋をするという重要な役割があるので乳液は必要不可欠なものなのです。化粧水でお肌の表面は潤っているように感じますが、実はちゃんと中まで浸透させないとお肌は乾燥した状態と同じでこのような状態をインナードライと言います。このインナードライを防いでくれるのが乳液なのです。どうしてもベタつきが気になる方はお肌に合っていない場合がありますのでさっぱりタイプやしっとりタイプなど色々な種類を試してみる事をおすすめします。また量が多すぎる場合もありますので表示されている適切な量を確認してみましょう。適切な量をつけた後はお肌を両手で包みこむようにハンドプレスをしてより効果を高めましょう。そして保湿効果だけでなく、美白成分をプラスしたUVタイプや化粧下地にもなるティナントタイプもあり人気を集めていますので年齢によるお肌の状態の変化や季節によって使い分けていく事も大切です。

乳液の正しい使い方とは

毎日のスキンケアで欠かさずに取り入れているものの1つが乳液でしょう。洗顔、化粧水、乳液という順で使用している人が多いでしょう。若い頃はそれでいいですが、年齢肌になってくるともう1つ使いたいのが美容液です。肌に不足しがちな成分を補給するために使う美容液ですが、実はこれをつけるのは化粧水の後ではなく美容液を付けてからというのが正しい順番であることが多いのです。というのは洗顔は顔の汚れや余計な皮脂を落とす行為、そしてその後の化粧水は次の成分を効率よく吸収させるように肌を整える行為、それから美容液で有効成分を肌に補給してからふたをするのが乳液の役割なのです。また、脂性肌なのでこれを使わないという方がおられますが、これは間違った行為です。というのは化粧水だけでは角質を整えるだけで終わってしまい、必要な成分を補給できませんし、肌にふたもできていないので外部刺激に弱くなってしまうのです。それに肌が脂性肌だからといって化粧水のみで終わりにすると肌が乾燥していると勘違いし、余計に皮脂の分泌が活性化、脂性肌が進んでしまうのです。そうならないように洗顔の後には肌に必要な栄養素を補給した後にふたをするという一連のスキンケアを怠らないことです。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/gknnqvo3/public_html/inc/randlink.php on line 12
▲ページ上部へ